どんな写真にするか

結婚写真とは、いつ、どんなカップルが撮影するものなのでしょう。
結婚写真と聞いてイメージするのは、人によってかなり違いがあるかもしれません。
ある人はスタジオで撮られた和装の写真を思い浮かべるでしょう。またある人は、結婚式のかわりに写真だけを残すのを想像するかもしれません。またある人は海をバックにして撮影する・・・などなど、結婚写真とは、それを聞いた人の数だけ、思い描いているイメージがあると思います。ではそれぞれの違いとは、いったいなんなのか整理していきましょう。

①状況(式をあげるか?あげないか?)
・結婚式を行う人も、結婚の記念に写真を撮ります。この場合は式の当日に撮影が行われるものと、別の日に前もって撮影される時があります。後者のことを「前撮り」と言います。
・事情により、式をあげないカップルが結婚写真を撮ります。これはフォトウェディングと呼ばれ、写真だけで結婚式をすませる場合をさします。

②撮影のタイミング
・①でも述べましたが、式とは別の日に前撮りするか、もしくは当日に行ないます。
・フォトウェディングでは打ち合わせで撮影日を決めていきます。

③撮影する場所と衣装
・スタジオ撮影と、外に出てのロケーション撮影があります。ロケーション撮影の場合、可愛いチャペルや海を背景にしたり、並木道の下で・・・など様々なシーンで撮影可能です。
・衣装は和装と洋装が選べます。

フォトウェディングにはフォトウェディングの良さがありますので、結婚のいい記念になることでしょう。また式をあげる場合には当日と前撮りがあります。前撮りはヘアメイクと衣装のリハーサルにもなりますので、前撮りならではのメリットがあります。

Archive
Calendar
2015年9月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930